実施体制とFD/SD

実施体制とFD/SD


実施体制

a.取組のためのマネジメント体制・教職員の体制

3学部の教員により構成される、専門職連携教育推進委員会を設置し、本プログラムの企画・立案、進行管理・調整、評価等のマネジメントを担当します。本委員会は、各学部の教務委員会と連動し、担当教員・TAの選出など必要に応じて各学部との調整を図ります。pdficon_small 亥鼻 IPE 推進委員会規定はこちらです。

また教育評価方法の開発、実施・検証にかかる業務や、以下(b.支援体制)のファカルティ・ディベロップメント(FD)並びにスタッフ・ディベロップメ ント(SD)にかかる業務も相当量が予測できます。以上の理由から、専門職連携教育推進委員会の企画内容を推進し実質的なものにしていくための取組体制をつくっています。

b.支援体制

実習施設としてまず本学医学部附属病院の協力を得て、病院内の総合医療教育研修センター、看護部、薬剤部等との連携を図りながら取組を進めています。

また本プログラムの実施にかかわる各学部教員、TA並びに実習施設協力者(専門職)も相当数に及ぶので、これら関係者が本プログラムの目的を充分理解し、専門職連携にかかる指導力を高めることが重要であるため、ファカルティ・ディベロップメント(FD)並びにスタッフ・ディベロップメント(SD)の実 施を専門職連携推進委員会が企画・実施する体制をつくっています。

c.学外との連携

(1) 県内医療機関等との連携:本プログラムの実習施設は、医学部附属病院に加え、県内に専門職連携教育モデル地域を開拓し、学外の医療機関等との連携を図ります。それにより、本プログラムの実施体制を確保すると共に、実践者の専門職連携にかかる能力開発に寄与していくことのできる体制をつくっていきます。

(2)他校との連携・ネットワークづくり:専門職連携教育に取り組む国内外の他大学拠点と定期的に交流をもち、ネットワークを形成します。それにより、現在発展途上にある、専門職連携教育の理論構築及び方法論開発に寄与することのできる体制にしていきます。
curriculum_taisei_pic02

FD/SD

亥鼻IPE推進委員会では、演習・実習指導者の方々に、亥鼻IPEと各授業の概要、指導者の役割、学生の学習目標到達支援方法を理解・確認していただくために説明会を開催しています。

亥鼻IPEでは、少人数の学生のグループワークや、演習・実習といった体験による学習によって専門職連携実践能力を育成しています。そのため、各授業において、演習・実習においてはさらに、教員のみでなく、数多くの学外の方々にも演習・実習指導者としてご協力をいただいています。

亥鼻IPE推進委員会では、演習・実習指導者の方々に、亥鼻IPEと各授業の概要、指導者の役割、学生の学習目標到達支援方法を理解・確認していただくために説明会を開催しています。その説明会が、また亥鼻IPEへの参加が、参加者自身のファシリテーションやコンサルテーション、実習教育のための能力を身につけていただくFD(ファカルティ・ディベロップメント)やSD(スタッフ・ディベロップメント)の機会となるよう、さらに、各施設での専門職連携を 改めて考えてもらう機会となるよう、内容・方法について検討を重ねています。

平成27年度FD/SD

Step1「ふれあい体験学習ふりかえり」ファシリテーター教員へのFD

日時:2015年6月17日(水)18:00~19:00
場所:薬学部11講義室
目的:亥鼻IPE Step1の「ふれあい体験実習ふりかえり」にファシリテーターとして参画する教員が、亥鼻IPE全体への理解と本授業の内容、ファシリテーターの役割を理解する。また、ファシリテーションの基礎的な方法を確認し、学生の学習目標到達への適切な支援が行えるようになる。

対象:亥鼻IPE Step1の「ふれあい体験実習ふりかえり」のファシリテーターとなる医学部、看護学部、薬学部の教員

内容:

1. 配布資料確認

2. 講義(看護学研究科 坂上明子先生)

・Step1の概要
・ふれあい体験実習の概要
・ふれあい体験実習ふりかえりにおけるファシリテーターの役割
3. 質疑応答

成果:参加教員は、亥鼻IPEとStep1の概要、並びに当日のファシリテーターとしての学習支援方法・評価方法等について理解を深めた。

参加者:10名

Step2「フィールド見学実習」指導担当者への説明会
日時:2015年5月28日(木)、19:00~20:00
場所:薬学部医薬系総合研究棟Ⅱ期棟 120周年記念講堂

目的:亥鼻IPE Step2の「フィールド見学実習」で実習生を受け入る施設の担当者が、亥鼻IPE全体への理解と本授業の内容、実習指導担当者の役割を理解し、学生が学習目標を達成するための適切な支援を行えるようになる。

対象:「フィールド見学実習」の実習協力施設職員

内容:

1. 亥鼻IPEの概要の説明(医学研究院 朝比奈真由美先生)
2. 講義(薬学研究院 関根祐子先生)
・Step2の概要
・フィールド見学実習の概要
・実習指導担当者の役割(実習指導、グループ評価、実習後アンケート)
3. 質疑応答

成果:参加者は、亥鼻IPEとStep2の概要、実習指導者の役割、学習支援方法、評価方法についての理解を深めた。

参加者:28名

Step2ファシリテーター養成研修会

日時:2015年5月12日(火)、13日(水)、21日(木)、22日(金)
18時~20時 ※いずれか1回に参加

場所:薬学部医薬系総合研究棟Ⅱ期棟 3Fセミナー室

目的:亥鼻IPE Step2初日のチーム・ビルディングを促進する人材を養成する。

対象:亥鼻IPE Step2初日にファシリテーターとして参画する医学部、看護学部、薬学部の教員。並びに、同じくファシリテーターを担当する、千葉大学医学部附属病院や学外からの協力者。

内容:

1. 亥鼻IPEの概要の説明(専門職連携教育研究センター 山田響子先生)
2. 講義(専門職連携教育研究センター 大塚眞理子先生)
・Step2の概要
・フィールド見学実習の概要
・ファシリテーターの役割
3. 演習
・Step2初日に行う自己紹介
4. 質疑応答

成果:参加者は、亥鼻IPEとStep2の概要、Step2ファシリテーターの役割、学習支援方法、評価方法についての理解を深めた。また、演習によって当日をイメージし、必要とされるスキルを具体的に理解することができた。

参加者:43名

Step3ファシリテーター養成研修会

日時:2015年12月10日(木)、11日(金)、15日(火)
18時~20時 ※いずれか1回に参加

場所:薬学部医薬系総合研究棟Ⅱ期棟 3Fセミナー室

目的:亥鼻IPE Step3初日のチーム・ビルディングを促進する人材を養成する。

対象:亥鼻IPE Step3初日にファシリテーターとして参画する医学部、看護学部、薬学部の教員。並びに、同じくファシリテーターを担当する、千葉大学医学部附属病院や学外からの協力者。

内容:

1. 亥鼻IPEの概要の説明(専門職連携教育研究センター 大塚眞理子先生)
2. 講義(専門職連携教育研究センター 大塚眞理子先生)
・Step3の概要
・講義とグループワークの内容
・Step3のファシリテーション、リフレクションのポイント
3. 演習
・ファシリテーター自己紹介
・グループワーク1「対立を分析して伝える」
4. 質疑応答

成果:参加者は、亥鼻IPEとStep3の概要、並びに当日のファシリテーターとしての学習支援方法について理解を深めた。また、演習によって授業当日に行うグループワークの練習をすると同時に、ファシリテーター間の交流を深めた。

参加者:61名

Step4「専門職へのコンサルテーション」演習指導者への説明会

日時:2015年9月1日(火)18:00~19:00

場所:医学部附属病院クリニカルスキルズセンターレクチャー室2

目的:亥鼻IPE Step4の「専門職へのコンサルテーション」における学生へのコンサルテーション担当者が、亥鼻IPE全体への理解と本授業の内容、コンサルタントの役割を理解し、学生の学習目標到達への適切な支援が行えるようになる。

対象:亥鼻IPE Step4の「専門職へのコンサルテーション」における学生へのコンサルテーションにおいて、演習指導を担当する千葉大学医学部附属病院医療専門職者、および医学部、看護学部、薬学部の教員。

内容:

1. 講義(医学研究院 朝比奈真由美先生)
・亥鼻IPEの概要
・Step4の概要
・演習「専門職によるコンサルテーション」の概要
・コンサルタントの役割
2. 質疑応答

成果:参加者は、亥鼻IPEとStep4の概要、並びに本演習の概要と指導者の役割を理解し、学習支援方法を共有することができた。

参加者:24名

アテンディング医師への説明会

日時:2015年9月1日(火)18:00~19:00

場所:医学部附属病院クリニカルスキルズセンターレクチャー室2

目的:亥鼻IPE Step1~4に評価者等として参加する医学部附属病院のアテンディング医師が、亥鼻IPEの基本的な考え方、カリキュラム、授業内容と評価方法、アテンディング医師の役割を理解し、学生の学習目標到達への適切な支援が行えるようになる。

対象:亥鼻IPE Step1~4に評価者等として参加する医学部附属病院のアテンディング医師

内容:

1. 講義(専門職連携教育研究センター 酒井郁子先生)

・亥鼻IPEの歴史と概要

・カリキュラム

・授業内容と評価方法

2. 講義(医学研究院 朝比奈真由美先生)

・アテンディング医師の位置づけと役割

3. 質疑応答

成果:参加者は、亥鼻IPEの概要、並びにアテンディング医師の役割を理解し、学習支援方法を共有することができた。

参加者:24名

 

平成26年度FD/SD

Step1「ふれあい体験学習ふりかえり」ファシリテーター教員へのFD

日時:平成26年5月21日(水)18:00~19:00
場所:薬学部11講義室

目的:亥鼻IPE Step1の「ふれあい体験学習ふりかえり」において、ファシリテーターを担当する教員が、亥鼻IPE全体への理解と本授業の内容、ファシリテーターの役割を理解する。また、ファシリテーションの基礎的な方法を確認し、学生の学習目標到達への適切な支援が行えるようになる。

対象:亥鼻IPE Step1の「ふれあい体験学習ふりかえり」において、ファシリテーターを担当する医学部、看護学部、薬学部の教員

内容:

1. 配布資料確認・教員ペア自己紹介

2. 講義

・Step1の概要

・ふれあい体験学習の概要

・ふれあい体験学習ふりかえりにおけるファシリテーターの役割

3. 質疑応答

成果:参加教員は、亥鼻IPEとStep1の概要、並びに当日のファシリテーターとしての学習支援方法、評価方法等について理解を深めた。
参加者:31名

Step2「フィールド見学実習」指導担当者への説明会
日時:平成26年5月22日(木)、19:00~20:00
場所:薬学部医薬系総合研究棟Ⅱ期棟 120周年記念講堂

対象:「フィールド体験学習」の実習協力施設職員

内容:

1. 講義

・亥鼻IPEの概要(医学研究院 朝比奈真由美先生)

2. 講義

・Step2の概要

・フィールド見学学習の概要

・実習指導担当者の役割(実習指導、学生グループ評価、実習後アンケート)(薬学研究院 関根祐子先生)

3. 質疑応答

成果:参加者は、亥鼻IPEとStep2の概要、実習指導者の役割、学習支援方法、評価方法等についての理解を深めることができた。

参加者:15名

Step3ファシリテーター研修

日時:平成26年12月3日(水)、9日(火)、11日(木)18時~20時 ※いずれか1回に参加

場所:薬学部医薬系総合研究棟Ⅱ期棟 3Fセミナー室

目的:亥鼻IPE Step3でファシリテーターを担当する教員が、亥鼻IPE全体への理解と本授業の内容、ファシリテーターの役割を理解する。また、ファシリテーションの基礎的な方法を確認し、学生の学習目標到達への適切な支援が行えるようになる。

対象:亥鼻IPE Step3においてファシリテーターを担当する医学部、看護学部、薬学部の教員。並びに、同じくファシリテーターを担当する、千葉大学医学部附属病院や学外からの協力者。

内容:

1. 講義(看護学研究科 山田響子先生)

・亥鼻IPEの概要
2. 講義(看護学研究科 大塚眞理子先生)
・Step3の概要
・講義とグループワークの内容
・Step3のファシリテーション、リフレクションのポイント
3. 演習
・ファシリテーター自己紹介
4. 質疑応答

成果:参加者は、亥鼻IPEとStep3の概要、並びに当日のファシリテーターとしての学習支援方法について理解を深めた。また、演習によって授業当日に行うグループワークの練習をすると同時に、ファシリテーター間の交流を深めた。

参加者:61名

Step4「専門職へのコンサルテーション」演習指導者(コンサルタント)への説明会

日時:平成26年9月9日(火)18:00~19:00

場所:医学部附属病院クリニカルスキルズセンターレクチャー室2

目的:亥鼻IPE Step4の「専門職へのコンサルテーション」における学生へのコンサルテーション担当者が、亥鼻IPE全体への理解と本授業の内容、コンサルタントの役割を理解し、学生の学習目標到達への適切な支援が行えるようになる。

対象:亥鼻IPE Step4の「専門職へのコンサルテーション」における学生へのコンサルテーションにおいて、演習指導を担当する千葉大学医学部附属病院医療専門職者、および医学部、看護学部、薬学部の教員。

内容:

1. 講義(医学研究院 朝比奈真由美先生)
・亥鼻IPEの概要
・Step4の概要
・演習「専門職によるコンサルテーション」の概要
・コンサルタントの役割
2. 質疑応答

成果:参加者は、亥鼻IPEとStep4の概要、並びに本演習の概要と指導者の役割を理解し、学習支援方法を共有することができた。

参加者:25名

 

平成25年度FD/SD

Step1「ふれあい体験学習ふりかえり」ファシリテーター教員へのFD
日時:平成25年5月22日(水)18:00~19:00
場所:薬学部11講義室
目的:亥鼻IPEと本授業の概要、教員の役割とファシリテーションの目的・方法を理解・確認することで、学生の学習目標到達への適切な支援が行えるようになる。
対象:亥鼻IPE Step1の「ふれあい体験学習ふりかえり」において、ファシリテーターを担当する医学部、看護学部、薬学部の教員、およびIPEに興味のある教員、大学院生。

内容:1.事前アンケート記入 2.亥鼻IPEとStep1の概要と学習目標 3.授業の構成 4.ファシリテーションの方法と学生評価
5.具体的グループワークの進め方について 6.連絡事項 7. 質疑応答 8. 事後アンケート記入

成果:参加教員は、亥鼻IPEと本授業の概要並びに教員役割を理解し、ファシリテーターとしての学習支援方法、評価方法を共有することができた。
参加者:20名

Step2「フィールド見学実習」指導担当者への説明会
日時:2013年5月23日(木)、18:00~19:00
場所:医学部第2講義室
対象:亥鼻IPE Step2の「フィールド見学実習」において、実習指導を担当する千葉大学医学部附属病院及び学外施設の専門職、およびIPEに興味のある専門職者、教員、大学院生。
目的:亥鼻IPEと本授業の概要、実習指導者の役割等を理解し、学生の学習目標到達支援方法を共有する。また、各施設での専門職連携を改めて考えてもらう機会とする。

内容:1.事前アンケート記入 2.亥鼻IPEとStep2の概要 3.フィールド見学実習と実習指導担当者役割
4.学生への指導状況、学生の準備状況 5.連絡事項 6.質疑応答 7.事後アンケート記入

成果:この説明会は、学外の実習指導者を対象としている。亥鼻IPEと本授業の概要、実習指導者役割の理解と、学習支援方法、評価方法を共有することができた。また、専門職連携の必要性を再認識してもらう機会ともなった。さらに質疑応答より、亥鼻IPE への期待度の高さも認識できた。
参加者:17名

Step4の「専門職へのコンサルテーション」演習指導者への説明会
日時:平成25年9月6日(金)18:00~19:00
場所:医学部附属病院クリニカル・スキルズ・センター レクチャー室2
目的:亥鼻IPEと本授業の概要、演習指導者役割とコンサルテーションの目的・方法を理解・確認することで、学生の学習目標到達への適切な支援がおこなえるようになる。また、各施設での専門職連携を改めて考えてもらう機会とする。
対象:亥鼻IPE Step4の「専門職とのコンサルテーション」において、演習指導を担当する千葉大学医学部附属病院医療専門職者、医学部、看護学部、薬学部の教員、およびIPEに興味のある教員、大学院生。

内容:1.事前アンケート記入 2.亥鼻IPEとStep4について 3.「専門職とのコンサルテーション」での指導者役割と学生状況
4.コンサルテーションについて 5.連絡事項 6.質疑応答 7.事後アンケート記入

成果:亥鼻IPEと本演習の概要並びに指導者役割を理解し、学習支援方法を共有することができた。また、専門職間のコンサルテーションや専門職連携の必要性など、専門職としての日常業務に活用できる知識を再認識してもらう機会ともなった。
参加者:25名