ジャーナル・クラブ

専門職連携教育研究センター(IPERC)とリサーチ・アドミニストレーター(URA)の共催で、IPEとEBPに関するジャーナルクラブを第2・4火曜日17時から開催しています。IPE/IPWやEBPに興味をお持ちの方でしたらどなたでもご参加いただけます。当日、亥鼻キャンパス看護学部南棟1階184演習室にお越しください。

 

 

 

2017.9.26

専門職連携教育研究センター高橋在也先生が「「学」としての宮沢賢治」という題目で、「宮沢賢治学会」と「岩手大学宮沢賢治センター」の紹介をしてくださいました。

 

 

2017.09.12

看護学研究科 研究生 藤沼康樹氏によるブッククラブが開催されました。

佐藤正午著 (2017)

月の満ち欠け

https://www.iwanami.co.jp/book/b283991.html

 

 

2017.08.08

Whittemore R, Knafl K(2005)

The integrative review:updated methodology

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16268861

 

Pauline O’Reilly et al. (2017)

Assessing the facilitators and barriers of interdisciplinary team working in primary care using normalisation process theory: An integrative review

http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0177026

 

 

2017.07.11

看護学研究科 研究生 藤沼康樹氏による「ブッククラブと読む力をつけるために」と題した勉強会が行われました。

 

 

2017.06.27

看護学研究科 研究生 藤沼康樹氏による「Question Formulation Technique」についての解説と、実際に質問づくりをやってみるワークが行われました。

 

たった一つを変えるだけ: クラスも教師も自立する「質問づくり」

(ダン・ロスステイン、ルース・サンタナ著 吉田新一郎訳、新評論、2015年)

http://www.shinhyoron.co.jp/978-4-7948-1016-8.html

 

 

 

2017.06.13

看護学研究科 研究生 藤沼康樹氏が、動的システム論演習について話題提供をしてくださいました。

 

 

2017.05.23

専門職連携教育研究センター高橋在也先生による米国トーマスジェファーソン大学で開催されました「Japan Week」(合同研究セミナー、ワークショップ)の 参加報告がありました。

 

 

2017.05.09

看護学研究科 研究生 藤沼康樹氏が、家庭医療における生物心理社会的アプローチについて紹介してくださいました。

 

 

2017.04.25
看護学研究科 研究生 藤沼康樹氏が、Advanced practice nursing for primary careの基盤となる看護理論に関する紹介をしてくださいました。

 

 

2017.02.14

看護学研究科酒井郁子教授が、ケアリングについて文献紹介および話題提供をしてくださいました。

ネル・ノディングズ『ケアリング 倫理と道徳の教育~女性の観点から~』第2章・第3章
(立山 善康・林 泰成・清水 重樹・宮崎 宏志・新 茂之 訳、晃洋書房、1997年)
Nel Noddings, Caring :A Feminine Approach to Ethics and Moral Education, University of California Press,1984

 

 

2017.01.24

専門職連携教育研究センターの高橋在也先生が、ケアリングについて文献紹介および話題提供をしてくださいました。

ネル・ノディングズ『ケアリング 倫理と道徳の教育~女性の観点から~』

(立山 善康・林 泰成・清水 重樹・宮崎 宏志・新 茂之 訳、晃洋書房、1997年)

Nel Noddings, Caring :A Feminine Approach to Ethics and Moral Education, University of California Press,1984

 

 

2016.12.27

専門職連携教育研究センター井出先生による地域包括ケアシステムの関連研究報告がありました。

 

 

2016.12.13

専門職連携教育研究センターの高橋在也先生が、20世紀の哲学者で「協同活動」についての理論家として知られるハンナ・アーレント(1906-1975)の概念について、解説してくださいました。

ハンナ・アーレント『人間の条件』(志水速雄訳、ちくま学芸文庫)1994年
Arendt Hannah, The Human Condition, Chicago University of Chicago Press,
2nd ed. 1998, originally published, 1958

 

 

2016.11.22

千葉大学医学部附属病院総合診療科勝山先生によるIPE受講生の質的研究の報告、

専門職連携教育研究センター井出先生による地域包括ケアシステムの関連研究報告がありました。

 

 

2016.11.08
National Institute of Nursing Research (U.S.)  (2006)

Changing Practice, Changing Lives:10 Landmark Nursing Research Studies

 

 

2016.10.25

専門職連携教育研究センターの高橋在也先生が、エンドオブライフケアについて、
文献紹介および話題提供をしてくださいました。

 

Peter A Singer and  Kerry W Bowman (2002)

Quality end-of-life care: A global perspective

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC122082/

 

 

2016.10.11

Hossein Khalili et al. (2013)

An interprofessional socialization framework for developing an interprofessional identity among health professions students

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23777592

 

Conor Gilligan et al. (2014)

Recommendations from recent graduates in medicine, nursing and pharmacy on improving interprofessional education in university programs: a qualitative study

http://bmcmededuc.biomedcentral.com/articles/10.1186/1472-6920-14-52

 

 

2016.09.27

専門職連携教育研究センター 井出成美先生、馬場由美子先生が8月に米国ミネソタ州ミネアポリスで開催されましたLearning Together at the Nexus: National Center Summit on the Future of IPEの報告をしてくださいました。

 

 

2016.09.13

看護学研究科 酒井郁子教授がAMEE(The Association for Medical Education in Europe)の報告をしてくださいました。

 

 

2016.08.09

Juan I Baeza et al. (2013)

Integration in stroke services: the challenges for primary and community care services

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4413723/

 

 

2016.07.26

藤沼先生より地域包括ケアの理論でメイキルクモデルの紹介がありました。

 

 

2016.07.12

「専門医教育の未来像」の題目で藤沼先生より話題提供がありました。

 

 

2016.06.28

Pim P. Valentijn   et al. (2013)

Understanding integrated care: a comprehensive conceptual framework based on the integrative functions of primary care

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3653278/

 

Michelle Howarth   et al. (2006)

Education needs for integrated care: a literature review

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-2648.2006.03992.x/full

 

 

 

2016.06.14

千葉大学大学院看護学研究科博士後期課程2年の若杉歩さんが、学外のIPE/IPW活動について紹介してくださいました。

 

 

2016.05.10

医療保健福祉分野の多職種連携コンピテンシー開発チーム (2015)

“医療保健福祉分野の多職種連携コンピテンシー”

http://www.hosp.tsukuba.ac.jp/mirai_iryo/pdf/Interprofessional_Competency_in_Japan_ver15.pdf

 

 

2016.04.26

Nadine Zeenia  et al. (2016)

“Student perceptions towards interprofessional education: Findings from a longitudinal study based in a Middle Eastern university”

http://www.tandfonline.com/doi/full/10.3109/13561820.2015.1117060

 

Hallin K, Kiessling A  (2016)

“A safe place with space for learning: Experiences from an interprofessional training ward.”

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26940600

 

 

2016.02.23

医学教育研究室の伊丹謙太郎特任助教が、講義をしてくださいました。

 

 

2016.02.09

専門職連携教育研究センター長の酒井郁子教授が、災害時の専門職連携について、文献紹介および話題提供をしてくださいました。

 

 

2016.1.12~1.26

Kurt C.Stange   et al.(2001)

“Developing the Knowledge Base of Family Practice”

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11322522

 

 

2015.12.08

Bilodeau K et al. (2015)

“Interprofessional patient-centred practice in oncology teams: utopia or reality?”

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25070427

 

 

2015.11.24

看護学研究科 酒井教授、黒河内助教による10月にアイオワ大学にて行われましたEBPの研修報告がありました。

 

 

2015.11.10

S.NIEDERBACHER BSC, REGISTERED NURSE et al. (2012)

“Patient’s quality of life after allogeneic haematopoietic stem cell transplantation: mixed-methods study”

onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-2354.2012.01345.x/full

 

 

2015.10.27.

Jasper van Riet Paap, Myrra Vernooij-Dassen, Ragni Sommerbakk, Wendy Moyle, Marianne J. Hjermstad, Wojciech Leppert, Kris Vissers, Yvonne Engels, and on behalf of the IMPACT research team(2015)

Implementation of improvement strategies in palliative care: an integrative review

 

 

2015.7.14~10.13.
Board on Global Health, Institute of Medicine of the National Academies (2015)
Measuring the Impact of Interprofessional Education on Collaborative Practice and Patient Outcomes

各回、上記の報告書を一章ずつ抄読し、ディスカッション致しました。

 

 

2015.6.23.
Olga Heath et al. (2015)
Interprofessional mental health training in rural primary care: findings from a mixed methods study


2015.6.9.
Sylvie Cossette et al. (2015)
The impact of an emergency department nursing intervention on continuity of care, self-care capacities and psychological symptoms: secondary outcomes of a randomized controlled trial.


2015.5.26.
Caitlin Gillan et al. (2015)
Team-based clinical simulation in radiation medicine: value to attitudes and perceptions of interprofessional collaboration.


2015.4.28.
Janneke van Leijen-Zeelenberg et al. (2014)
Interprofessional communication failures in acute care chains: how can we identify the causes?


2015.4.14.
Gregory A Aarons et al. (2015)
Leadership and organizational change for implementation (LOCI): a randomized mixed method pilot study of a leadership and organization development intervention for evidence-based practice implementation


2015.3.24.
Elizabeth Susan Anderson, and Lucy Nicola Thorpe (2010)
Interprofessional educator ambassadors: An empirical study of motivation and added value


2015.3.9.
Cathy L. Carlson, and Donna J. Plonczynski (2008)
Has the BARRIERS Scale changed nursing practice? An integrative review


2015.2.24.
Merrick Zwarenstein et al. (1999)
A systematic review of interprofessional education


2015.2.10.
Marita G Titler et al. (2009)
Translating Research into Practice Intervention Improves Management of Acute Pain in Older Hip Fracture Patients