業績:2016年度

<原著>

  1. Sakai I, Yamamoto T, Takahashi Y, Maeda T, Kunii Y, Kurokochi K : Development of a new measurement scale for interprofessional collaborative competency: The Chiba Interprofessional Competency Scale (CICS29). Journal of Interprofessional Care. 1-7, 2016. DOI:10.1080/13561820.2016.1233943
  2. 高橋在也, 岩城典子, 長江弘子, 石丸美奈, 清水直美, 吉本照子:生き方の理解と支えあいのための場の模索−エンドオブライフを考える市民参加型プログラムの事例から−. 生命倫理,27,159-168, 2016. 

<学会発表抄録>

  1. 酒井郁子:回復期リハビリテーション病棟におけるEBP実装システムに向けた課題.第53回日本リハビリテーション医学会学術集会プログラム・抄録集, 127,2016.
  2. 松平裕佳,黒河内仙奈,酒井郁子,深堀浩樹,松岡千代:回復期リハビリテーション病棟のEBP実装における情報収集のための組織的支援.日本老年看護学会第21回学術集会抄録集,117,2016
  3. 郷保はるみ,酒井郁子,子黒河内仙奈:回復期リハビリテーション病棟における患者の生活リズムを整えるケアの構築.日本老年看護学会第21回学術集会抄録集,130,2016
  4. 大塚眞理子,下井俊典,春田敦志,酒井郁子,神山裕美,畔上光代,小林毅,藤林慶子,相馬仁:IPE推進委員会ワークショップ IPE/IPWのための専門職連携コンピテンスを考える(第4回).第9回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会抄録集,26,2016
  5. 眞嶋朋子,山本武志,池崎澄江,長坂育代,渡邉美和,増島麻里子,黒河内仙奈,大塚眞理子,山田響子,大塚知子,酒井郁子:大学病院の集中治療室・手術室と他部門の職種別専門職連携実践能力と職務満足の比較ー6因子の特徴に焦点を当ててー.千葉看第22回学術集会抄録集,37,2016
  6. 井出成美,藤沼康樹,臼井いづみ,馬場由美子,酒井郁子:介護・福祉職との連携において看護職に求められる能力・態度ー看護職の研修・教育プログラムに必要な要素とはー.千葉看第22回学術集会抄録集,52,2016.
  7. 下井俊典,大塚眞理子,春田敦志,酒井郁子,神山裕美,小林毅:シンポジウムⅡ 連携教育の現状と課題 リハビリテーションを担う職種を育てるIPE.日本リハビリテーション連携科学17(1),70-72,2016
  8. Asahina M,Otsuka M,Kurokochi K,Sekine Y,Ito S,Sakai I:Clinical IPE Interprofessional education in a point-of-care setting. AMEE 2016 Barcelona,Spain,2016
  9. Otsuka M,Ishimaru M,Iino R,Takeuchi K,Fujinuma Y,Yamada K,Asahina M,Ito S,Sekine Y,Sakai I:Factors of promoting independent community activities by residents in the suburbs of the Greater Tokyo Area:Based on resident interviews.The 3rd KOREA-JAPAN Joint Conference on Community Health Nursing,Koria,Busan,2016