日英合同セミナー「英国におけるプライマリケアモデル-GP及びNPの連携と専門職連携教育-日英共同研究の可能性」開催のお知らせ

IPERCでは、2020年3月24日に、日英合同セミナーを開催します。
英国におけるプライマリケアモデルと、日本の家庭医の活動の現状を共有し、医療専門職教育とりわけIPE(専門職連携教育)について日英の共同研究の可能性を探ります。

 

レスター大学と千葉大学は、IPEプログラムに関連した交流を2005年から現在まで15年間にわたり継続してきました。この長い交流の蓄積から、現在はIPE交換留学や共同研究へと発展しようとしています。
またこのセミナーには、千葉大学看護学研究科 元特任講師の藤沼康樹先生も登壇されます。
ご関心のある方、参加費無料ですので、ぜひ千葉大学亥鼻キャンパスまでいらしてください。

 

テーマ:英国におけるプライマリケアモデル

    -GPおよびNPの連携と専門職連携教育-

      日英共同研究の可能性

日時:令和2年3月24日(火)15:30-17:30
場所:千葉大学 亥鼻キャンパスゐのはな同窓会館

参加費:無料
申込不要
問い合わせ先:専門職連携教育研究センター(IPERC)
inohana-ipe@office.chiba-u.jp

 

内容:
「英国のプライマリケアシステムー教育と実践ー」
__Anil Sood
____Health Education England Working Across the East Midlands
「英国の学部教育におけるプライマリケア教育の拡がり」
__Maria Keerig
___Department of Medical Education,
___Centre for Medicine, University of Leicester
「英国におけるIPEの概要-更なるステップ」
__Elizabeth Anderson
___Leicester Medical School,
___College of Life Sciences,University of Leicester
「日本の家庭医の現状」
__藤沼 康樹
___東京ほくと医療生活協同組合 浮間診療所

指定発言

__新潟大学、名古屋大学、千葉大学
各大学のプライマリケア教育及びIPEについて

 

詳細PDF(日本語)

 

申込不要・参加無料ですので、お気軽にご参加ください。
領域・分野にかかわらず、教員、職員、大学院生の方もご参加できます。
UKと日本の医療制度に関心のある方、IPEに関心のある方、GPとNPの協働に関心のある方、みなさんの積極的なご参加をお待ちしております。

投稿日:  カテゴリー お知らせ