業績:2019年度

<原著>

  1. Tae Yamaguchi, Ikuko Sakai, The unlearning process of senior clinical nurses in rehabilitation wards. Journal of Advanced Nursing. 75(11),2659-2672,https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jan.14050.2019.
  2. Tomoko Majima,Takeshi Yamamoto,Ikuko Sakai,Ikuyo Nagasaka,Sumie Ikezaki:Job Satisfaction and Related Factors of Nurses in University Hospitals: Focusing on Collaborative Competency Factors. Journal of Nursing Management,27(7)1409-1415,2019.
  3. Ai Tomotaki,Hiroki Fukahori,Ikuko Sakai,:Exploring sociodemographic factors related to practice, attitude, knowledge, and skills concerning evidence-based practice in clinical nursing. Japan Journal of Nursing Science, 2020 Jan;17(1):e12260 DOI:10.1111/jjns.12260,2019.
  4. Hajime Kasai,Shoichi Ito,Hiroshi Tajima,Yukiko Takahashi,Yoriko Sakurai,Naoko Kawata, Harutoshi Sugiyama, Mayumi Asahina Ikuko Sakai ,Koichiro Tatsumi:The positive effect of student-oriented clinical clerkship rounds employing role-play and peer review on the clinical performance and professionalism of clerkship students.Medical Teacher,2020 Jan ; 42(1):73-78.DOI:10.1080/0142159X.2019.1656330,2019.
  5. Shikino K, Ito S, Ohira Y, Noda K, Asahina M, Ikusaka M.: Usefulness of a short training seminar on how to handle difficult patients in simulated education. Adv Med Educ Pract. Jul 10;10:483-491, 2019.
  6. 中口俊哉,岩崎翔子,関口陽太,村竹虎和,三浦慶一郎,川田奈緒子,伊藤彰一,吉村裕一郎,朝比奈真由美,田邊政裕:拡張現実感技術を用いた対人型聴診訓練シミュレータ, 臨床栄養, 134(1),46-51,2019.
  7. Mika Kozu, Mariko Masujima, Tomoko Majima: Experience of Japanese pregnant women with cancer in decision-making regarding cancer treatment and obstetric care, Jpn J Nurs Sci.1-10, DOI: 10.1111/.iins.12300, 2019
  8. 佐野元洋,岡田将,永田絵里香,眞嶋朋子,小林欣夫: 訪問看護師を対象とした在宅心不全看護セミナーの評価と内容の改善, 医療職の能力開発,6巻2号,71-76,2019
  9. Jeannine M. Brant, Regina M. Fink, Cara Thompson, Ya Huei Li, Maryam Rassouli, Tomoko Majima 他:Global Survey of the Roles, Satisfaction, and Barriers of Home Health Care Nurses on the Provision of Palliative Care, J Palliat Med, Vol. 22 (8), pp. 945-960, 945-960,2019.
  10. Fujita J, Fukui S,Ikezaki S, Tsujimura M:Evaluation of the elements of interprofessional education for end-of-life care among homecare nurses, care managers, and head care workers: A cluster-randomized controlled trial. J Interprof Care.1-8, 2019.
  11. Fukui S, Fujita J, Ikezaki S, Nakatani E, Tsujimura M:Effect of a multidisciplinary end-of-life educational intervention on health and social care professionals: A cluster randomized controlled trial. PLoS One. 2019 Aug 19;14(8):e0219589.

<研究報告(査読付き)>

  1. 路璐, 北池正, 池崎澄江:千葉県内の病院における看護研究の支援状況の実態と課題.日本看護研究学会雑誌,42(2),241-248,2019.
  2. 路璐, 北池正, 池崎澄江:中国の中堅看護師における専門職的自律性と看護研究活動との関連.日本看護研究学会雑誌,42(5),871-879,2019.

<学会発表抄録>

  1. 酒井郁子,石川崇広,雨宮歩,小松亮,櫻庭唱子,磯野史郎:非接触非侵襲型モニタによる特別養護老人ホ-ム入所者の体調の長期的把握方法の検討.日本老年看護学会第24回学術集会抄録集,226,2019.
  2. 笠井大,伊藤彰一,田島寛之,朝比奈真由美酒井郁子,巽浩一郎:ロ-ルプレイとピア評価を活用した学生主導回診による診療技術,プロフェッショナリズム向上効果の検証.第51回日本医学教育学会大会予稿集,医学教育,50(suppl.) 90,2019.
  3. 朝比奈真由美,松本暢平:医師見習い体験学習で3年生はどのような経験をしているのか?.第51回日本医学教育学会大会予稿集,医学教育,50(suppl.),2019.
  4. 伊藤彰一、鋪野紀好、横尾英孝、岩本太郎、笠井大、塚本知子、鎌田雄、高谷里依子、若林華恵、柄澤智史、高木亜由美、杉山淳比古、長谷川誠、神田真人、雑賀厚至、朝比奈真由美、生坂政臣:Difficult Patient対応ワークショップの学習効果は個室でのグループ討議によって向上する.第51回日本医学教育学会大会予稿集,医学教育,50(suppl.),2019.
  5. 小野寺みさき、松本暢平、伊藤彰一、稲川知子、朝比奈真由美、清水栄司:学生と教員の1対1メンタリングによる学生支援の成果と課題-4段階の支援プロセスに注目して-,第51回日本医学教育学会大会予稿集,医学教育,50(suppl.),2019.
  6. 神田真人、伊藤彰一朝比奈真由美、小林欣夫、生坂政臣:学生患者コミュニケーションのテキストマイニングによる特徴分析,第51回日本医学教育学会大会予稿集,医学教育,50(suppl.),2019.
  7. 松本暢平、朝比奈真由美伊藤彰一、生坂政臣:千葉大学医学部附属病院におけるアテンディング(教育専任医師)の教育業績に関する客観評価の妥当性,第51回日本医学教育学会大会予稿集,医学教育,50(suppl.),2019.
  8. Izumi UsuiTomoko Majima, Yoshihisa Tateishi, Ikuko SakaiMayumi AsahinaMasayuki Ishikawa:Research on the evaluation of secondary cardiopulmonary resuscitation training aiming at improvement of interprofessional collaborative competency.Conference for Education in Medicine and Simulation CEMS 2019,Taipei Medical University,Taipei (Taiwan),2019.
  9. Mayumi AsahinaNarumi IdeIzumi Usui,Kana Kurokochi,Ikuko SakaiShoichi Ito : A qualitative study on the impact of IPE in clinical clerkships on clinical educators.amee2019(An International Association for Medical Education) ,Austria Center Vienna,Vienna (Austria ),2019.
  10. Yohei Matsumoto, Satoshi Okada,Shoichi Ito, Kazuyo Yamautchi, Misaki Onodera, Mayumi Asahina:Involvement Helps Medical Students Feel Communication Skills, Attitudes, and Ethics: Multivariable Analyses at Chiba University, Japan.amee2019(An International Association for Medical Education) ,Austria Center Vienna,Vienna (Austria ),2019.
  11. Hajime Kasai, Shoichi Ito, Hiroshi Tajima, Mayumi Asahina, Ikuko Sakai, Koichiro Tatsumi:The positive effect of student-oriented hospital ward rounds employing role-play and peer review on the clinical performance and professionalism of clerkship students.amee2019(An International Association for Medical Education) ,Austria Center Vienna,Vienna (Austria ),2019.
  12. 関口陽太,中口俊哉,村竹虎和 ,三浦慶一郎,川田奈緒子,吉村裕一郎,伊藤彰一朝比奈真由美,田辺政裕:拡張現実型聴診訓練システムにおけるカメラ一体型聴診器デバイスの開発,第19回日本VR医学会学術大会
  13. 酒井郁子:看護師部会 リハビリテ-ションにおける尊厳あるケア.第9回千葉県回復期リハビリテ-ション連携の会全県大会.16,2019.
  14. 佐藤多美子,酒井郁子:総合リハビリテ-ションの展開を支える病棟スタッフの専門職連携実践能力の再獲得,第12回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会抄録集,28,2019.
  15. 臼井いづみ井出成美馬場由美子酒井郁子:認知症にかかわる専門職の多職種共同研修プログラムの短期的効果の検証 第2報.第12回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会抄録集,56,2019.
  16. 池永康則,酒井郁子,高柳友子,櫻井友衣:頚髄損傷者とその家族との関係に介助犬が及ぼした変化:ライフスト-リ-インタビュ-研究. 日本補助犬科学研究(日本身体障害者補助犬学会 第12回学術大会)13(1),77,2019.
  17. 長谷川直,瀬尾智美,須藤知子,横田久美,村中晃,宮崎尚,酒井郁子:千葉大学医学部附属病院におけるせん妄予防のストラテジ- 日本語版4A‘STest(4AT-J)を用いて.第115回日本精神神経学会学術集会,精神神経学雑誌2019特別号,S621,2019.
  18. Ikuko Sakai,Shiro Isono,Takahiro Ishikawa,Ayumi Amemiya,Ryou Komatsu, Syoko Sakuraba:Development of a Bed sensor system for detecting changes in physical condition of residents of log-term care facilities.The 11th International Association of Gerontology and Geriatrics Asia/Oceania Regional Congress.127.Taipei(Taiwan).2019.
  19. 飯田直子,池畑久美子,酒井郁子:総合リハビリテーション病院において多職種で取り組む退院支援のしくみづくり.日本リハビリテーション看護学会第31回学術大会.73.2019.
  20. 深堀浩樹,友滝愛,酒井郁子:臨床看護師の「科学的根拠に基づく実践」に関連する属性 要因:横断研究.第39回日本看護科学学会学術集会プログラム集,58,2019.
  21. 池崎澄江酒井郁子,谷本真理子,黒河内仙奈:特別養護老人ホームにおける「看取り介護指針・説明支援ツール」に基づく看取り介護の実施状況.第39回日本看護科学学会学術集会プログラム集,100,2019.
  22. Ai Tomotaki,Hiroki Fukahori,Ikuko Sakai,Kana Kurokochi:The development and validation of Evidence-Based Practice Questionnaire:Japanese version.第39回日本看護科学学会学術集会プログラム集,101,2019.
  23. Mami Nemawari, Ikuko Sakai, David Casenove : Effect of Nurse-Led Interventions for Stroke Survivors: A Scoping Review School of Nursing, Chiba University, Japan.9th Hong Kong International Nursing Forum Program book,75,2019.
  24. Tae Yamaguchi. Ikuko Sakai:Educational support by nurse managers for senior clinical nurses who transferred from acute to rehabilitation wards.23rd East Asian Forum Of Nursing Scholars,76,2020, Chiang Mai(Thailand).
  25. Tae Yamaguchi. Ikuko Sakai:Relationship between the factors of unlearning and interprofessional collaborative competency of senior clinical nurses.The 6th International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science, Abstracts Book,382, 2020.
  26. 岡本明美, 宮津珠恵, 田中優子, 小林成光,眞嶋朋子:がん診療連携拠点病院の ジェネリストナースによる患者への就労支援の現状 病棟・外来・化学療法室・ 看護相談室における調査. 日本がん看護学会誌, 33(Suppl.), 225,2019
  27. 荒井房子, 眞嶋朋子:外来治療を受ける乳がん患者の子育てと治療継続中の体験. 日本がん看護学会誌, 33(Suppl.), 230, 2019
  28. 高須清子, 眞嶋朋子:化学療法の副作用により脱水となり緊急入院となった大 腸癌患者のセルフケアに関する看護支援. 日本がん看護学会誌, 33(Suppl.), 236,2019.
  29. 佐野元洋, 岡田将, 眞嶋朋子, 小林欣夫:訪問看護師を対象とした在宅心不全看 護セミナーの評価と課題. 日本循環器学会学術集会抄録集, 82回, CP07-02,2019.
  30. 細矢美紀, 眞嶋朋子:終末期がん患者の病棟看護師による退院支援質評価指標の 開発(その1) 指標原案の作成と洗練. 日本がん看護学会誌, 33(Suppl.), 258, 2019
  31. 細矢美紀,眞嶋朋子:終末期がん患者の病棟看護師による退院支援質評価指標の 開発(その2) 指標の適用可能性の検討. 日本がん看護学会誌, 33(Suppl.), 258, 2019
  32. 大塚知子, 舘祥平, 野崎章子, 石井伊都子, 滝口裕一, 眞嶋朋子:がん性疼痛管 理における医師・看護師・薬剤師の潜在的障壁に関する意識調査. Palliative Care Research, 14, S307,2019.
  33. 池崎澄江,辻村真由子,飯田貴映子:高齢者施設で働く看護職に求められるエンドオブライフケアコンピテンシー デルファイ報調査第1報 研究職と実践職との相違.日本老年看護学会第24回学術集会抄録集,188,2019.
  34. 飯田貴映子,池崎澄江,辻村真由子:高齢者施設で働く看護職に求められるエンドオブライフケアコンピテンシー デルファイ報調査第2報 現任教育における難易度の検討.日本老年看護学会第24回学術集会抄録集,189,2019.
  35. 路璐, 北池正, 池崎澄江:病院内の看護研究を指導する看護職のための教育プログラムの開発,日本看護研究学会第45回学術集会講演集,42(3),425,2019.
  36. Kieko Iida, Sumie Ikezaki, Mayuko Tsujimura, Sunghee H Tak, Woonseon Jung, Siriphan Sasat, and Wasinee Wisesrith:Developing an end-of-life care competency framework for long-term care nurses in Asia: A comparative study in Japan, South Korea,and Thailad.IAGG(The International Association of Gerontology and Geriatrics) 11th Asia/Occeania Regional Congress(Taipei, Taiwan).2019.
  37. 池崎澄江,石橋智昭,高野龍昭:特別養護老人ホームにおける看取りのための医療体制.日本医療・病院管理学会誌(日本医療・病院管理学会学術総会演題抄録集),56(Suppl.)199,2019.
  38. 千葉宏毅,池崎澄江, 伊藤道哉, 岡田美保子, 折井孝男, 加藤多津子, 根東義明, 相馬孝博, 前田光哉, 山下哲郎, 山本光昭, 伊藤弘人:日本医療・病院管理学会重点用語事典の利用状況と改定の方向性 学会員対象アンケート調査より.日本医療・病院管理学会誌,56(Suppl.),237,2019.
  39. 路璐, 北池正, 池崎澄江:病院内の看護研究を指導する看護職のための教育プログラムの効果の検証.第39回日本看護科学学会学術集会プログラム集,113,2019.
  40. 其田貴美枝,関根祐子,森野正倫重,山田 緑,杉山 篤:在宅医療におけるスマートフォン対応家庭血圧測定器の運用に関する考察.第24回日本在宅ケア学会学術集会抄録集,2019.
  41. 滝澤楓,石川雅之,大久保正人,横山威一郎,中村貴子,鈴木貴明,関根祐子,石井伊都子:散薬調剤ロボット導入により削減可能な調剤時間のシミュレーション.日本病院薬剤師会関東ブロック第49回学術大会,2019.

<単行書>

  1. 酒井郁子:連載 意外に知られていない高齢者の事故(最終回)高齢者の事故予防はケアの質の向上によって実現する.看護技術,メヂカルフレンド社,60-63,2019.
  2. 酒井郁子:Ⅰ-5 高齢者ケアのエビデンスから見た回復期リハ病棟でのケア改善の必要性.酒井郁子,黒河内仙奈(編集),回復期リハビリテ-ション病棟における看護実践 看護の質を高めるEBPの実装.医歯薬出版株式会社,31-36,2019.
  3. 酒井郁子: Ⅱ-1 回復期リハビリテ-ション看護の特徴.酒井郁子,黒河内仙奈(編集),回復期リハビリテ-ション病棟における看護実践 看護の質を高めるEBPの実装 医歯薬出版株式会社,37-42,2019.
  4. 酒井郁子:Ⅱ-2回復期リハビリテ-ション看護に必要な実践能力.酒井郁子,黒河内仙奈(編集),回復期リハビリテ-ション病棟における看護実践 看護の質を高めるEBPの実装 医歯薬出版株式会社,43-48,2019.
  5. 酒井郁子:Ⅲ-4 専門職チ-ムの構築と運営.酒井郁子,黒河内仙奈(編集),回復期リハビリテ-ション病棟における看護実践 看護の質を高めるEBPの実装 医歯薬出版株式会社、84-93,2019.
  6. 酒井郁子:Ⅳ-3 EBP実装プロジェクトの推進.酒井郁子,黒河内仙奈(編集),回復期リハビリテ-ション病棟における看護実践 看護の質を高めるEBPの実装 医歯薬出版株式会社,121-132,2019.
  7. 酒井郁子:認知症plus退院支援 一般病棟ナースのためのQ&A.深堀浩樹,酒井郁子,戸村ひかり,山川みやえ(編)日本看護協会出版会.2019.
  8. 酒井郁子:Q17 認知症の人の退院支援において一般病棟のナースは何をしますか? 認知症plus退院支援 一般病棟ナースのためのQ&A.深堀浩樹,酒井郁子,戸村ひかり,山川みやえ(編)日本看護協会出版会.40-41.2019.
  9. 酒井郁子:Q32 認知症の人の疾患の治療を効果的に行うためにナースが行うことは何ですか? 認知症plus退院支援 一般病棟ナースのためのQ&A.深堀浩樹,酒井郁子,戸村ひかり,山川みやえ(編)日本看護協会出版会.76-77.2019.
  10. Tomoko MAJIMA 他:Palliative Nursing in Japan: Practice and Research,-Palliative care New development medical research, NOVA,2019
  11. 井出成美:地域住民の相互の助け合い強化によるまちづくり.宮﨑美砂子,北山三津子,春山早苗,田村須賀子編,最新公衆衛生看護学総論,第3版(2020年版),日本看護協会出版会,305-309,2020.
  12. 井出成美:地域包括ケア.林直子,鈴木久美,酒井郁子,梅田恵編,NICE成人看護学,成人看護学概論社会に生き世代をつなぐ成人の健康を支える,改訂第3版,南江堂,82-83,2019.
  13. 井出成美:認知症対策.林直子,鈴木久美,酒井郁子,梅田恵編,NICE成人看護学,成人看護学概論社会に生き世代をつなぐ成人の健康を支える,改訂第3版,南江堂,87-90,2019.
  14. 井出成美:エンパワメント. 正木治恵,真田弘美編,NICE老年看護学概論,改訂第3版,南江堂,156-161,2020.

<報告書>

  1. 酒井郁子井出成美臼井いづみ馬場由美子編:文部科学省国立大学改革強化促進補助金 千葉大学大学院看護学研究科附属専門職連携教育研究センター 令和元年度事業報告書,2020.

<総説・短報・実践報告・資料・その他>

  1. 酒井郁子:Q2.治療方針や退院時期をめぐって医師と看護師が対立している場合、どうしたらよろしいでしょうか?総合診療 教えて!医師のためのビジネス・スキル,医学書院,1186-1188,2019
  2. 長谷川直,瀬尾智美,横田久美,村中晃,須藤知子,平野成樹,山内厚史,宮崎尚,酒井郁子:千葉大学医学部附属病院におけるせん妄予防のストラテジ-.千葉医学雑誌,95(4),137,2019.
  3. 酒井郁子,池西静江,渡部美保子:FOCUS (【座談会】『専門職連携教育ガイドライン』活用に向けて.看護教育,61(1),52-60,2020.
  4. 朝比奈真由美:白衣式および白衣式実施プロジェクトの紹介(千葉大学の例)医学教育,50(2),177-180,2019.

<講演・シンポジウム>

  1. 朝比奈真由美:プロフェッショナリズム教育の考え方と具体的な教育方略.第51回日本医学教育学会大会予稿集,医学教育,50(suppl.),2019.
  2. Mayumi Asahina:Interprofessional Education(IPE) .9th Inje-Chiba Joint Seminar,Busan, Korea,2019.
  3. 酒井郁子:ランチョンセミナ- 長期ケア施設における生活機能の維持拡大および体調管理にむけた生体情報の活用.日本老年看護学会第24回学術集会抄録集,119,2019.6月.
  4. 酒井郁子:リハビリテ-ションにおける尊厳あるケア.第9回千葉県回復期リハビリテ-ション連携の会 全国大会,16,2019.
  5. 酒井郁子:ワ-クショップ IPEのための教員間連携-なぜ学生にはできて教員には難しいのか-「IPE導入の具体的手順と考え方-千葉大学IPERCの活動-」.第12回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会,56,2019.
  6. 酒井郁子:特別講演 看護職に必要な専門職連携教育 医療者としてお互いにお互いからお互いについて学ぶために.京都府看護学会集録,9,2020.

<受賞(国内・国外)>

  1. Izumi UsuiTomoko Majima, Yoshihisa Tateishi, Ikuko SakaiMayumi AsahinaMasayuki Ishikawa:Research on the evaluation of secondary cardiopulmonary resuscitation training aiming at improvement of interprofessional collaborative competency.Conference for Education in Medicine and Simulation CEMS 2019,Taipei Medical University,Taipei (Taiwan),2019. Award for Academic Excellence (E-poster) 優等(3rdPrise)受賞 (国外)